×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

空気を読むとは

場の空気とは、コミュニケーションの場において、言語では明示的に表現されていない諸要素のことを言います。
最近では「場の」はつけずに、ただ「空気」「空気を読む」と表現されることが多くなりました。
空気を読む、すなわちその場の空気を意識することは、暗黙知的なソーシャルスキル(=社会技能)を意味し、心理学的にはこのような能力を「社会的知能(ソーシャル・インテリジェンス)」と呼ばれていて、空気を読む能力は(情動指数、心の知能指数)という呼び方もされている。
空気を読むということはどのような人であれ人間関係を維持する上である程度は要求されることであって、それを身につけることが望ましいとされています。
空気を読む力にこれが正解というものはないのですが、最近特に社会や人間関係を維持する上で大切なことであり、空気を読め!と言われた方は、ぜひここで少しでも空気が読める能力が備われば幸いでございす。

場の空気を読むということ

場の空気を読むということは、集団や社会への親和性という面から見ると、周囲の人達の反応を意識することと言えるでしょう。
その他人の表情や言動の中から、自分が何がしかの行動を取ったことに対して、相手の評価に相当される情報を見つけ出すことであります。
場の空気を読むことが出来る人は集団への親和性も高く、逆に場の空気を読めない人は集団内の人々からの評価が低くなる傾向が顕著に見られます。
このことは年齢・性別は関係ありませんし日本国内に限ったことではなく、他の国々でも同様の傾向があると言われているようです。
空気を読む力において、顔の表情を読むこと、相手の眼を見ることが大切で、相手の言っていることと相手の表情とが一致しなければ、表情のほうが相手の真情なのだと気づくことが大切です。
例えば相手が「怒っていないよ」と言っている時に怒っている表情をしていたら、相手は怒っていると気づくことが必要なのです。

空気が読めない原因

空気が読めない人は、相手の表情や眼元を見ないで話す傾向があり、うつむきがちに話し、顔以外の部分や、手元の資料ばかりを見ながら話す傾向があります。
その事によりより耳から入る言葉にばかり注意が向いて、相手の真意や心情を理解出来ず空気が読めない基本的な原因です、空気を読んでどのように振舞うかは、また別の要素で、無数にある選択肢が、各人の技量・価値観・道徳観・哲学・人生観・生き様などと呼ばれるものに応じその瞬間瞬間に存在します。
好ましいと感じている反応が相手の表情に出たら行動を積極的に行い、否定的な反応が出た場合は、自分が直前に取った行動を振り返ってみましょう。
空気を読んで発言や行動を控える、空気を読んで場に相応しい発言をすることが大切です。
空気を読めない人と接するにあたりその接し方として、空気を読めない人はその空気に対する自覚が無いことが多いので、場の空気を読め!などと叱らずに広い心で接してあげましょう。

潜在意識レベルで女性を洗脳し恋人にする禁じられた手法。女性の正しい操り方を教えます。

Copyright © 2007-2009 空気を読む力